ホーム >> ニュース >> テキスト
ニュース
「しばらくの間忘れられた良書を見つける」文献推薦展が、上海で開催

 2018年8月4日から12日まで、「しばらくの間忘れられた良書を見つける」文献推薦展が、上海図書館のコンテンツホールで執り行なわれました。


  

 展覧会は、中国語図書、外国語文学図書、そして電子書籍の三部構成になっており、館員が、著者、出版者、出版年などのカテゴリーからセレクトし、社会科学やテクノロジー関連書も併せて考慮されます。中国語図書は、大衆性があり読みやすいものを選ぶことを原則とし、豆瓣(ドウバン)の平均評価は8.3点に達する書籍で、外国語文学図書は専門性があり、アマゾンでの平均評価が4.4点に達し、受賞作品もいくつか含まれています。たとえば、ヒューゴ賞獲得作品である「Before We Were Yours」、「ニューヨークタイムズ紙」が選ぶ2017年注目を集めた100冊にノミネートされた「The Sixth Extinction」、2013年にブッカー賞を受賞した「The Luminarie」などです。電子書籍で選ばれた良書も少なくなく、読者はディスプレイパネルのQRコードをスキャンし、それら電子書籍の全文を閲覧できます。

 

 今回の推薦された図書はすべて、上海図書館の貸出データ分析によるもので、少なくとも一年間は貸し出しされていない書籍です。ひょっとしたら、版が原因であるいは閲覧室で読まれたのかもしれませんが、いずれにしてもこれらの良書は「忘れられた」本としてしばらくの間書棚にありました。この推薦展は、図書館員のおすすめとして、さらに幅広い読者に親しんでもらい、共に「良書を見つけ、楽しみを分かち合う」ことをねらいとしています。