ホーム >> 中国図書館だより >> テキスト
中国図書館だより
公共図書館法の実施が全国民の読書を後押し
  11月4日、新華社通信の北京支社(記者:周瑋)によると、第十二回全国人民代表大会常務委員会第三十回会議で行なわれた4日の採決で、「中華人民共和国公共図書館法」が可決されました。2018年1月1日から実施されるこの法律は、公共文化の分野における公共文化サービス保障法に続く重要な法律で、中国の文化法律制度や公共図書館事業の健全な発展を推進し、国民の基本的な文化権益を保障するという面において重要な意味を持つことになります。
   公共図書館法は、合わせて6項目・55か条あり、公共図書館の設立や運営、サービスおよび関連する法的責任などに分かれた詳細な規定から成っています。
   公共図書館法における公共図書館とは、市民に対し無償開放され、文献情報を収集、整理、保存すると共に、調査や貸し出しおよび他の関連するサービスを提供する社会教育を推し進める公共の文化施設であることが規定されています。このため、公共図書館は社会主義公共文化サービスシステムにおける重要な役割を担っており、国民の読書を推し進め、指導し、サービスを提供することを重要な任務とみなし、平等・オープン・共有といった原則に則って市民へのサービスを提供してゆくことを目指します。